病後児保育

柱本保育園は病後児保育室を設け高槻市の病後児保育施設の認定を受けています。
病後児保育とは保育園に入園している子どもたちが病気からの回復時、集団で保育できないとき、その子どもの保育と看護をおこない心身ともに健やかな成長を図ることを目的としています。
なお、更に詳しいご利用案内は高槻市病後児保育利用案内ページをご覧ください。

対象児童

高槻市にお住まいで、高槻市立保育所、民間認可保育所、認定保育施設に入所している生後6ヶ月から就学前の子どもさんをお預かりします。

利用できる病状など

熱の場合

登所時より38度以上の熱がある場合はお預かりできません。

嘔吐・下痢・胃腸障害の場合

激しい腹痛、頻繁におこる下痢、嘔吐の場合はお預かりできません。また特別な病児食や献立が必要な場合もお預かりできませんが、現状の給食の中で対応できる範囲についてはお預かり致します。

耳鼻科

医師連絡票があればお預かりできます。

外傷の場合

骨折や縫うようなけがの場合でも、医師連絡票があればお預かりできます。

感染症の場合

  • ●入室可能な感染症は水痘、流行性耳下腺炎、とびひ、ヘルパンギーナ、溶連菌感染症、急性出血結膜炎、流行性結膜炎、咽頭結膜炎、麻疹、風疹、突発性発疹、百日咳、インフルエンザ、乳児嘔吐下痢症、急性上気道炎です。
    ●いずれも急性期を過ぎ回復状態になった場合とします。
    ●入室は申し込み順としますが、種類の違う感染症が重なったり、子どもさんの症状 や状態により入室が無理な場合もあります。

注意:入室後、一般状態に変化があり保育が無理になった場合、保護者に連絡し、お迎えをお願いすることもあります。

定員

各施設 3名

開室時間

午前8時から午後6時

休室日

日曜日・土曜日
国民の祝日に関する法律に規定する休日
年末年始
その他市長が開室は無理と判断した時

保育内容

看護師・保育士により症状の記録・検温・投薬など子どもの状態に応じた看護・保育をします。

申し込み方法(入室まで)

事前届出書による登録が必要です。

「病後児保育登録届出書」に必要事項を記入のうえ、保育幼稚園事業課もしくは各保育所へ届けてください。
(用紙は各保育所、保育幼稚園事業課にあります。)

利用する時には、予約が必要です。

病後児保育室に電話し、定員に空きがあるかを確認してください。その際、事前登録以後かかった感染症や、子どもの症状などを伝えてください。

予約後、かかりつけの医院などで受診し、医師連絡票へ記入してもらってください。

注意:医師連絡票については文書料金が必要になります。

病後児保育室にこられる際、「病後児保育申請書」「病後児保育連絡票兼、個人記録票」に記入し、「医師連絡票」とともに提出してください。(用紙は各保育所、病後児保育室にあります。)

医師の連絡票をもとにして、病後児保育室が入室の判断をします。

同じ病名で続けて入室する場合は「病後児保育連絡票兼、個人記録票」に記入し、入室時に提出してください。

利用料金

1日につき2,000円(時間数等による料金設定はありません。)

(1)課税状況等による減免制度があります。

1.生活保護法による被保護世帯・・・0円
2.前年度分の市町村民税非課税世帯・・・1,000円
1.2.を除く世帯・・・2,000円
注意:認定保育施設に入所している児童のうち、上記1.又は2.の世帯については、以下の書類を申請書に添付すること。(写しでも可)
1.の世帯・・・生活保護受給証明書
2.の世帯・・・前年度分の市町村民税課税状況を証明する書類

(2)各日退室時に納金してください。
(3)別途、飲食物費が必要です。

利用時に必要な持ち物

乳児(生後6ヶ月~2歳児)

哺乳瓶(必要児のみ)
着替え下着上着3~4枚
オシメ10組とオシメカバー3枚又は紙おむつ5~6枚とウェットティッシュ(必要児のみ)
エプロン3枚おしぼりタオル3枚
ポリ袋(汚れ物入れ)2枚
薬(医師の連絡票によるもの)
バスタオル1枚又はスポーツタオル
連絡用紙(病児保育室で用意します)

幼児(3・4・5歳児)

着替え下着上着3~4枚手拭タオル2枚
ポリ袋汚れ物用2枚
薬(医師の連絡票によるもの)
バスタオル1枚又はスポーツタオル
連絡用紙(病児保育室で用意します)

その他

予約の取り消し、また、遅れる場合は速やかに連絡してください。